淀川左岸線延伸部・左岸線(2期)進捗状況 海老江区間

海老江区間

阪神高速が施工する区間のうち、海老江地区では、主に開削トンネル工事、JCT工事、換気所工事を実施しています。
下記をクリックいただくと進捗状況を確認できます。

2022年5月

①海老江下水処理場内において、引き続き橋梁基礎の構築および橋台・橋脚の構築を行っています。先月施工を開始した橋脚については、鋼矢板(掘削時に周囲の土が崩れないようにするための構造物)の設置を行いました。
②先月掘削を開始した橋台はその作業が完了し、本体の構築を行いました。
③阪神電鉄東側および直下の箇所では、引き続きトンネル本体構造物の基礎となる杭の設置を行いました。
④ ③よりさらに東側のトンネル部では、引き続き掘削作業を行う際に必要となる工事用桟橋の設置作業を行いました。
⑤海老江下水処理場内において、新たな橋脚の設置作業を行いました。
⑥阪神電鉄淀川駅の南西側では、橋脚の設置作業を行いました。
⑦海老江換気所工事では、引き続き掘削作業を行いました。
⑧国道2号線付近では、掘削作業を行う際に必要となる工事用桟橋の杭を設置しました。

2022年4月

①海老江下水処理場内において、引き続き橋梁基礎の構築および橋台本体の構築を行っています。写真の箇所では新たな橋脚の施工を開始し、基礎となる杭の設置を行いました。
②先月施工を開始した橋台については、掘削作業を行いました。
③阪神電鉄直下の箇所では、引き続き本体構造物の基礎となる杭の設置を行いました。
④③よりさらに東側のトンネル部では、引き続き掘削作業を行う際に必要となる工事用桟橋の杭を設置しました。
⑤阪神高速神戸線の西側では、橋台と橋脚を繋ぐ橋桁を設置しました。
⑥阪神電鉄淀川駅の南西側では、橋脚部の掘削作業を行いました。
⑦海老江換気所工事では、引き続き掘削作業を行いました。
⑧国道2号線付近では、トンネルの基礎となる杭の設置を行いました。

2022年3月

海老江下水処理場内において、引き続き橋梁基礎の構築を行うとともに、橋台本体の構築を行いました。また新たな橋台の施工を開始し、基礎となる杭の設置を行いました。阪神電鉄東側では、引き続きトンネルの基礎となる杭の設置を行いました。さらに東側のトンネル部では、引き続き掘削作業を行う際に必要となる工事用桟橋の杭を設置しました。海老江換気所工事では、掘削作業を行いました。

豊崎換気所の建設工事では、引き続き土留工事(掘削時に周囲の土が崩れないようにするための構造物を設置する工事)・基礎杭工事を行いました。換気所周辺では、旧中津川護岸と工業用水導水施設等の支障物を撤去した後に埋戻しを行いました。また河川内に建設する橋脚のうち1基について、引き続き鋼管基礎の施工を台船を用いて行いました

Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。