阪神高速の取り組みLoop A 阪神高速ミナミ交流プラザ(2018年)

これからの大阪に、アート創造の環を

 阪神高速の高架下の小さなスペースだけど、ここで何かを生み出してもらえたら、ここに何かを見出してもらえたら、ここから何かを伝えられたら...。そして、ミナミの街が、大阪が、関西が、もっと元気に、盛り上がるように。そんな想いを込めて出来た「Loop A」です。

【2018年 開催イベント】

LoopA Garden 
2018年1月25日(木)~2018年1月30日(火) ※1月30日(火)は16時まで
紡いで、繋いで、織りの魅力を伝える展示会&ワークショップ

昔ながらの手織り機で心温まる織物を作られている
渡邉航一郎さんによる
作品展とワークショップイベントを開催します。

期間中は作品の展示と、織り機での作業をLoopA内で行います。実際の制作風景を見ていただけるのと同時に
希望者には織り機を使用した織物体験をしていただくことも出来ます。

≪手織りで小物入れづくりワークショップ≫
【日 時】 1/27(土)・1/28(日)13:00~18:00 (最終受付 17:00)
【参加費】 無 料
【予約・お問合せ】06-6532-4567


詳しくはコチラ

渡邉 航一郎
1981年 大阪生まれ 大阪府豊中市在住。
booworksの代表として大阪で活躍し、昔ながらの手織り機で心温まる織物を制作。
「手織りでみんなが笑顔になる」をコンセプトに日々活動している。
大阪の中津商店街近辺を会場として、個人で活動されているアーティストを集めて、手作りのアクセサリーや絵などを購入できるイベント「ススマルシェ」を主催するなど多方面で活動。
booworks 公式サイトはコチラ


LoopA MUSIC 
2018年1月20日(土)13:30 START

インディーズシーンで活躍する若手アーティストの
ライブイベント「LoopA MUSIC」!

13:30~13:55 阪本千絵
14:00~14:25 蔦江タイチ
14:30~14:55 大家うすしお
15:00~15:25 河村麻未
  -休憩-
15:40~16:05 阪本千絵
16:10~16:35 蔦江タイチ
16:40~17:05 大家うすしお
17:10~17:35 河村麻未


アルフォンス・ミュシャ 装飾パネル展
2018年1月6日(土) ~2018年1月19日(金)

アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、19世紀から20世紀はじめにかけて流行したアール・ヌーヴォーの代表的画家です。ミュシャの作品は、しなやかな曲線と美しい色彩が特徴で、ポスターや装飾パネルなどは人気が高く、制作依頼が次々と舞い込みました。装飾パネルは、安価で気軽に入手できる文字のないリトグラフで、人々はそれらを絵画のように室内に飾って楽しみました。
ミュシャは多くの美しいパネルを制作しており、限られた裕福な人々のためでなく、一般の人々のために芸術に携われることに喜びを感じていました。

本展では堺市の所蔵するミュシャの装飾パネル「四つの花」を複製画で紹介いたします。

【出品作品】
・四つの花 カーネーション
・四つの花 ユリ
・四つの花 バラ
・四つの花 アイリス