IR情報ソーシャル・ファイナンスについて

ソーシャル・ファイナンスの概要 

 阪神高速道路株式会社(阪神高速)は、株式会社格付投資情報センター(R&I)からソーシャル・ファイナンスに関する第三者評価(R&Iソーシャルボンドオピニオン)を取得しました。
 「ソーシャル・ファイナンス」とは、社会的課題解決に向けたプロジェクトに充当することを目的とした資金調達手段です。
 阪神高速は、これまでも調達した資金を高速道路事業に充て、「交通安全確保」、「災害発生時の機能維持」、「渋滞対策」、「インフラの老朽化対策」などの社会貢献活動に取り組んでまいりました。
 今回、国際資本市場協会(ICMA:International Capital Market Association )が定義するソーシャルボンド原則の4つの核となる要素(「【1】調達資金の使途」、「【2】プロジェクトの評価と選定のプロセス」、「【3】調達資金の管理」、「【4】レポーティング」。)に適合している旨、第三者評価機関であるR&Iの評価を受け、「R&Iソーシャルボンドオピニオン」を取得しました。これにより、今後、阪神高速が本フレームワークで調達する社債及び借入金は、ソーシャル・ファイナンスとして扱われることとなります。
 阪神高速は本件を通じて、より多くの方々に当社事業の取り組みについて理解を深めていただきながら、ソーシャル・ファイナンスにより調達した資金を活用し、引き続き社会貢献活動に努めてまいります。

詳しくはこちら

調達実績

本フレームワークによって調達したソーシャルボンド(社債)の実績はこちら。

債券の名称 募集開始日
(条件決定日)
発行日 年限 発行額 社債の概要 発行登録追補目論見書 格付情報
阪神高速道路株式会社
第21回社債
令和元年
10月3日
令和元年
10月9日
1年 550億円 第21回 第21回 第21回
阪神高速道路株式会社
第22回社債
令和2年
2月7日
令和2年
2月27日
3年 250億円 第22回 第22回 第22回

投資表明投資家一覧

本フレームワークによる資金調達に際して、投資表明をいただいた投資家をご紹介いたします。
(50音順)

  • 株式会社池田泉州銀行
  • ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社
  • 株式会社京都銀行(外部リンク)
  • 湘南信用金庫(外部リンク)
  • 信金中央金庫
  • 大和証券投資信託委託株式会社
  • 株式会社名古屋銀行
  • 日本財団
  • 農林中央金庫
  • 株式会社船井総研ホールディングス
  • 三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
  • 株式会社三菱UFJ銀行 (外部リンク)
  • 三菱UFJ信託銀行株式会社
  • 明治安田アセットマネジメント株式会社
  • 株式会社もみじ銀行
Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。