大震災からの復旧と防災

メッセージ

忘れないために伝え続けるためにそして、勇気と希望を失わないために

1995年1月17日午前5時46分。
この日、兵庫県南部を襲った大地震は、
多くのかけがえのない命を奪い、
いくら年月が経とうとも消し去ることのできない
傷跡を人々の心に残しました。
マグニチュード7.3の都市直下型の地震。
阪神高速道路も想像をはるかに超える被害を被り、
血の気の引くような思いの中で、私達は連日、
人命救助、緊急対応、復旧工事を続けました。

地震に負けない構造物をつくっているという自負があったのに。
人々の安心と安全を守っているという誇りが支えだったのに。
叫び出したくなる思いを、誰も口にはしませんでした。
そして嵐のような時間が過ぎ去った後、私達は被災した構造物を後世のために保管し、
展示することを決めました。それが自分達にできる最大の社会貢献であり、未曽有の天災に直面した者の責任でもあると考えたからです。

「震災資料保管庫」では、被災した構造物を中心に、2次災害防止のための応急補強や撤去のために使われた工法、全線復旧までの623日間の記録、地震を教訓に新しく開発された様々な耐震、免震、制震技術などを展示・紹介しています。また、この施設を拠点に、災害支援や防災教育にも積極的に取り組んでいます。
6、700年に1度あるかどうかという確率で起こった今回の地震。その貴重なデータを国内や海外で広く役立て、被害を軽減してほしいというのが、私達の切なる願いです。

あの日、自然の猛威の前になすすべを知らなかった私達。
人間がいかにちっぽけな存在であるかを思い知らされた私達は、今、自然に打ち勝つのではなく、上手に負けるための技術を工夫し始めました。
人間は時に愚かで弱い存在ではありますが、どのような逆境においても希望を失わず、工夫し続ける生き物であることもまた真実だと思います。
この「震災資料保管庫」が、人類の勇気と叡智を象徴する存在となれることを願って―。これからもより一層精進してまいります。

阪神高速道路株式会社 代表取締役社長 幸和範
(復旧時:神戸線復旧建設部工事課長)

兵庫県 芦屋市 大東町 慰霊碑

私たちは、兵庫県南部地震で阪神高速に関係して失われた尊い命を慰霊し、この甚大な災害を教訓に、より安全な道路づくり、道路サービスを目指すことを誓っています。

兵庫県 芦屋市 大東町