大震災からの復旧と防災

大都市を襲った直下型地震M7.3 兵庫県南部地震

震源地MAP

平成7年(1995年)1月17日午前5時46分、淡路島北部の北緯34.6度、東経135.0度、深さ16kmを震源とするマグニチュード7.3(Mw6.9)の地震が発生しました。
この地震は、平成7年兵庫県南部地震と呼ばれ、神戸市街地北西の六甲山地から淡路島にかけて走向する六甲-淡路断層帯内で引き起こされました。

神戸では、当時最大の地表最大加速度818galの地震動が観測され、40kmにも及ぶ断層に平行した「震災の帯」と呼ばれる震度7の強震地域が出現しました。阪神高速道路の多くも震災の帯のゾーンに入っています。

この兵庫県南部地震によって、阪神高速道路では3号神戸線で635mにわたって倒壊、4カ所で落橋したのを始め、5号湾岸線でも1カ所落橋するなどの被害を受けました。

ページトップへ