大震災からの復旧と防災

高速道路の被害分類

RC橋脚

RC橋脚
典型的な
破壊モード
←大被害・小被害→
AsABCD
柱地盤面位置での
曲げ破壊
全面的破壊
全面的破壊
2面の破壊
2面の破壊
1面程度の
破壊
1面程度の破壊
一部の
剥離程度
一部の剥離程度
被害なし
柱地盤面位置での
曲げせん断破壊
内部崩壊
内部崩壊
2面程度の
破壊
2面程度の破壊
1面程度の
破壊
1面程度の破壊
一部のみ
一部のみ
被害なし
軸方向鉄筋
段落し部の
曲げせん断破壊
内部崩壊
内部崩壊
内部破壊
内部破壊
被害なし
柱地盤面位置での
せん断破壊
全断面破壊
全断面破壊
貫通した破壊
貫通した破壊
部分破壊
部分破壊
被害なし
ページトップへ

被災度判定の基本方針

ランク 被災状況
AS 崩壊、倒壊した場合、またはそれに類するもの
A 耐荷力に著しい影響がある損傷を生じており、致命的な二次災害の可能性があるもの
B 耐荷力に影響のある損傷であるが、余震、活荷重による損傷の進行がなければ、当面の利用が可能なもの
C 短期的には耐荷力に影響のないもの
D 耐荷力に関して特に異常が認められないもの

被災度の判定結果(3号神戸線)

被災度 As A B C D
PC桁 18 0 23 37 83 161
RC橋脚 64 78 102 225 474 943
鋼製桁 8 67 220 178 670 1143
鋼製橋脚 3 8 12 112 28 163
支承 - 371 274 383 1090 2118

注)橋脚:橋脚数、桁:径間数、支承:支承線数

ページトップへ