CSR情報CSRニュース

須磨海浜公園における砂浜清掃ボランティア活動を実施しました

2021年10月13日
阪神高速道路株式会社

SGDsicon17.pngSGDsicon14.png

 10月9日(土)、営業区域に近接する大阪湾の海洋汚染を防ぐ取組みの一環として、3号神戸線沿線地域である須磨海浜公園おいて、当社及びグループ会社の阪神高速サービス(株)合同で、砂浜清掃ボランティア活動を実施しました。
 近年、ポリ袋やペットボトルなどのポイ捨てなどにより、回収されずに河川などを通じて海に流れ込む「海洋プラスチックごみ」をはじめとした海洋ごみによる地球規模での環境汚染が課題となっており、この課題は国際目標であるSDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」にも明示されています。こうした問題の解決に向けては、個人・企業・団体・行政などのあらゆる主体が、それぞれの立場でできる取組みを行っていくことが重要となっており、当社においても、昨年度から阪神高速道路沿線区域周辺にて砂浜清掃ボランティア活動を行っています。
 今回は、当社及び阪神高速サービス(株)から社員20名が参加し、コロナ禍で参加者同士が密にならないよう配慮しながら、1時間ほどかけて砂浜周辺を清掃し、須磨海岸の環境美化に貢献しました。また、当日は、須磨海岸でビーチクリーン活動を行っているNPO法人神戸海さくら様にサポートしていただき、清掃には神戸海さくら様が所有されている、コーヒー豆を輸入する時に使われている麻袋をリメークした繰り返し使える"エコな"ゴミ回収袋を使用させていただきました。更に、現地で海洋ごみに関してのレクチャーをしていただくなど、参加者の環境問題に関する意識や知識も深まる大変有意義な活動となりました。
 当社では、今後もステークホルダーの皆さまとコミュニケーションやパートナーシップを図りながら、社会課題の解決やSDGsの達成に向けて貢献していきます。

※NPO法人神戸海さくら様の活動については、下記URL(ホームページ)をご覧ください。
https://k-umisakura.com/

PA090030.JPG

PA090015.JPG