CSRマネジメント

阪神高速グループでは、グループ理念の実現がCSR(企業の社会的責任)の推進につながるものと考えています。阪神高速道路開通50年、阪神高速道路株式会社設立10年を経て、グループのCSRの基本的な考え方をより明確にすることによって、CSRをさらに推進するため、2016年5月に「阪神高速グループCSR基本方針」を新たに策定しました。

阪神高速グループCSR基本方針

阪神高速グループは、すべてのステークホルダーの皆さまとコミュニケーションを図りながら

  1. 企業存続の基礎活動(コンプライアンス、リスクマネジメント、情報セキュリティ等)を徹底しつつ、
  2. 事業活動の遂行(高速道路事業の深化、関連事業のさらなる展開)を中核とし、
  3. さらに、保有する人的・物的資源やノウハウを活かした社会貢献活動を実施します。

これらの活動により、地域や社会の持続的発展に広く貢献し、地域や社会とともに成長していくことを目指します。

ステークホルダーに対する責任とコミュニケーション

阪神高速グループでは、社会的責任を果たすため、さまざまなステークホルダーとのコミュニケーションを大切にしています。

お客さま

お客さま満足の実現に取り組みます。

主なコミュニケーション

  • お客さまセンター
  • お客さまモニター制度
  • インフォメーション(パーキングエリア)
  • グリーンポスト(パーキングエリア)
  • お客さま満足度調査
  • CS向上懇談会(外部有識者)
  • ホームページ(メールでの問合せ)
地域・社会

関西のくらしや経済の発展に貢献します。

主なコミュニケーション

  • お客さまセンター
  • 記者会見
  • 事業説明会
  • 社会貢献活動
  • 事業評価監視委員会(外部有識者)
  • ホームページ(メールでの問合せ)
  • 阪神高速事業アドバイザリー会議(外部有識者)
取引先

公正な取引を推進するとともに、取引先との信頼関係を構築します。

主なコミュニケーション

  • PAクルー会議
  • 安全大会、安全査察、安全講習会
  • 公益通報窓口
  • 入札監視委員会(外部有識者)
  • ホームページ(入札・契約情報)
株主・投資家

債務の着実な返済を進めるとともに、安定した経営基盤を確立します。

主なコミュニケーション

  • 個別投資家訪問、金融機関向け説明会・現場見学会
  • 株主総会
  • 有価証券報告書
  • ホームページ(IR情報)
グループ社員

社員がやりがいを実感できる職場づくりを進めます。

主なコミュニケーション

  • コンプライアンス相談・通報窓口
  • 社員意識調査
  • 労使協議
  • 公益通報窓口
  • 社内Web・社内報

CSR推進体制図

社長を委員長とする「CSR推進委員会」と「社会貢献部会」、「経営企画部CSR推進室」が中心となって方針を決定していくうえで、活動主体となる本社および各局、さらにグループ会社と綿密な連携を図り、CSR活動を展開。現在のCSR活動が社会の課題や期待と合致しているかを常に検証しながら活動方針を定め、阪神高速グループ全体のCSR活動を推進しています。

SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて

阪神高速グループは17の目標のうち主に3、5、7、8、9、11、12、13、16、17の分野での目標達成に貢献しています。

2015年9月、国連でSDGs(Sustainable Development Goals)が採択されました。SDGsとは「誰一人取り残さない」をスローガンに、あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処しながら、2030年までに持続可能な社会を目指すというマスタープラン(計画)で、17分野の目標、169のターゲットなどから成ります。国連では、この目標の達成を目指し、全世界的に、各国政府、企業、市民社会に行動を要請しています。関西のくらしや経済の発展への貢献を目指す阪神高速グループも、事業を通じてSDGsの達成に貢献していきます。

出典:Stockholm Resilience Centre
SDGsの社内浸透活動

SDGsに関する理解浸透を図るため、社内報やイントラネットの活用による情報発信をはじめ、社外講師によるセミナーなどを実施しています。阪神高速グループと社会の持続可能性の関係や、事業を通じてSDGsに取り組む意義など、社員一人ひとりがSDGsへの理解を深められるよう努めています。

「2030SDGs」カードゲーム研修の様子