阪神高速の取り組み道路橋の耐震補強

震災から復旧まで

兵庫県南部地震で受けた被害を教訓に、阪神高速では道路橋の耐震補強をすすめています。 近い将来に発生が予想されている東南海・南海地震のようなプレート境界型の大規模地震、兵庫県南部地震のような内陸直下型地震の2種類の地震動を想定し、落橋に対する安全性を確保するほか、地震後も応急復旧を行うことで橋としての機能を速やかに回復できるように努めています。

道路橋の耐震補強
A 橋脚の補強
B 桁かかり長の確保 落下防止装置の改良
C 橋桁の連結 免震支承への取り替え
長大橋の耐震補強