阪神高速の取り組みLoop A 阪神高速ミナミ交流プラザ

これからの大阪に、アート創造の環を

 阪神高速の高架下の小さなスペースだけど、ここで何かを生み出してもらえたら、ここに何かを見出してもらえたら、ここから何かを伝えられたら...。そして、ミナミの街が、大阪が、関西が、もっと元気に、盛り上がるように。そんな想いを込めて出来たLoop Aです。

イベント・ギャラリー企画のお知らせ

今後開催予定のイベント

LoopA Garden 大阪大学レゴ部作品展 ~阪大のグルメとワニがおマチカネ!~
2016年8月18日(木)~9月6日(火)

「Loop A Garden」とはLoop Aがプロデュースするアートイベント。
関西を中心に活躍するアーティストたちを応援するアートサロン企画です。

第1弾のLoop A Garden は、子どもを対象としたレゴ®ブロックのワークショップ運営を通じて、地域社会に貢献する大阪大学レゴ部による作品展を開催します。
年2回の学祭では、毎回入場者が2,000人を超えるほどの大人気イベントを開催する同部。「巨大マチカネワニとフードな作品たち」と題して、全長約3メートルに及ぶ巨大なマチカネワニとともに、さまざまな食べ物のレゴ®ブロック作品を展開します。

また、レゴ®ブロックを使った動く4足歩行ロボットを作りながら、テコやクランクなどの仕組みをカンタンに体験できる9~15歳くらいの子どもを対象としたワークショップも開催します!

【大阪大学レゴ部ワークショップ「レゴ®で動く4足歩行ロボットを作ろう!」】
8月27日(土) ①13:00~14:00
         ②15:00~16:00
         ③17:00~18:00
※参加費無料、定員各回10名、要事前予約(応募多数の場合は抽選)
※応募期間 8月14日(日)10時 ~ 8月20日(土)24時
  予約専用フォーム http://kokucheese.com/s/event/index/411700
※ワークショップは都合により中止になる場合があります。
※ワークショップのお問い合わせ(阪大レゴ部) handai05cafe@gmail.com

これまでに開催されたイベント

施設概要

名称

LOOP+A+ロゴ
正式名称:
阪神高速ミナミ交流プラザ
愛称:
Loop A(ループ・エー)

Loop Aは、"阪神高速1号環状線の高架下に位置していることから「環状線」をイメージ"するとともに、"人と人とのつながりの「環」"をイメージしています。「A」は、アート(ART)の頭文字を表しています。

Loop+A++外観

開設日

2008年8月1日

開館情報

開館時間:12:00~19:00
休館日:毎週水曜日・年末年始
入館料:無料

場所

〒550−0015 大阪市西区南堀江1丁目1番7号(アメリカ村三角公園西すぐ・阪神高速1号環状線高架下)

場所

交通アクセス

電車をご利用の場合
地下鉄「四ツ橋駅」「心斎橋駅」「なんば駅」、阪神・近鉄「大阪難波駅」、JR西日本「JR難波駅」、南海「難波駅」から徒歩
お車をご利用の場合
阪神高速1号環状線・15号堺線「湊町出入口」、3号神戸線・16号大阪港線「西長堀出入口」、1号環状線「四つ橋入口」のご利用が便利です(専用駐車場は有りませんので、お近くの貸し駐車場をご利用ください。)。

電話番号

06−6532−4567

施設内容

阪神高速情報コーナー、ギャラリースペース、ピクチャーレール、プロジェクター&前面ガラス透過スクリーン、音響機材一式パソコンコーナー、収納式テーブル、SOZブロック(椅子・テーブル用脚・展示台ほか多目的に利用)、休憩コーナー(椅子&テーブル)、トイレ

  • 大阪文化の創造力を活かし、「発見・創造・発信」をコンセプトに、情熱溢れるアーティストが交流する場(アーティストサロン)の提供や、各種情報発信などを行います。
     具体的には、アーティスト・プロデューサーの方々へのミーティングスペースの提供、ミナミ・アメリカ村を中心とする地域情報の発信、阪神高速に関する情報の発信などを行います。
  • 運営・管理は、阪神高速道路株式会社、一般財団法人阪神高速地域交流センター、ミナミまち育てネットワークの3者が連携して行っています。

関係リンク先

Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。