入札契約情報 入札監視委員会

入札・契約の過程及び契約内容の一層の公平性、透明性を図るため、社長の諮問機関として入札監視委員会を設置しています。

1.入札監視委員会の事務

入札監視委員会は、以下の事務を行っています。

(1)入札の監視

  • 入札・契約手続の運用状況等についての報告を受けること。
  • 一般競争入札方式参加資格の設定理由等の審議を行い、意見の具申又は勧告を行うこと。

(2)再苦情処理

  • 入札及び契約の過程に関する再苦情処理を行うこと。

2.入札監視委員会の委員

入札監視委員会の委員は、公正中立の立場で客観的に入札及び契約についての審査その他の事務を適切に行うことができる学識経験等を有する者のうちから、社長が以下の方に委嘱しています。

  • 石丸 鐵太郎 氏 (弁護士)
  • 武田 邦宣 氏 (大阪大学大学院法学研究科教授)
  • 古田 均 氏 (工学博士 関西大学総合情報学部教授)

3.入札監視委員会の会議

入札監視委員会は、以下の会議を開催することとしています。

  • 定例会議      上記1の(1)の事務を処理(原則3か月に1回開催)
  • 再苦情処理会議   上記1の(2)の事務を処理(必要に応じ開催)

4.入札監視委員会の審議概要

Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。