重要テーマ2 もっと便利で快適なドライブライフを実現する阪神高速を目指してほっとできるパーキングサービスの提供

お客さまの目線で考え、パーキングエリアや料金所などで質の高いサービスを提供します。

パーキングエリアの改善・充実

パーキングエリア(PA)設置状況
南芦屋浜パーキングエリア

すべてのお客さまが気軽に立ち寄り、ほっとしていただける「ほっと処」(「ほっ」とできる空間)を提供するため、トイレ、レストラン、駐車場の改修、授乳室の設置など施設の充実とスタッフによるおもてなしの質の向上に取り組んでいます。有人パーキングエリアの総合案内役(コンシェルジュ)は、サービス向上のため全員がサービス介助基礎検定を取得しています。また、外国人旅行者の増加を受け、施設案内表示やレストランメニューなどの多言語表示やタブレット端末を用いた翻訳案内を行っているほか、泉大津パーキングエリア(陸側)の売店では免税サービスを行っています。
2018年度は、白川パーキングエリアの駐車スペースを拡張(6月)、湊町パーキングエリアおよび弁天町ミニパーキングエリアの改修(11月)を行いました。さらに2019年3月には新たに尼崎パーキングエリア(旧尼崎ミニパーキングエリア改修)、南芦屋浜パーキングエリア(新規)の2つがオープンしています。
今後、さらにお客さまのニーズを把握して、施設の改善や接客マナーの向上を図り、魅力あるパーキングエリアを目指します。

改善事例 : 湊町パーキングエリア

湊町パーキングエリアは、全体的に明るく開放的な色彩を採用し、間接照明を使用することで暖かみのある空間をお客さまに提供することをコンセプトとして、ひと・車・情報が「湊(あつ)まる」、ほっと一息つけるパーキングエリアへと生まれ変わりました。

改修前

休憩室

改修後

外観
トイレ
休憩室
コンシェルジュ室前

路外パーキングサービスの提供

阪神高速では、パーキングエリアの不足を解消するため、ETCを活用して高速道路の外(路外)にある施設をパーキングエリアのようにご利用になれる「路外パーキングサービス」の社会実験を実施しています。5号湾岸線尼崎末広出口付近の尼崎テクノランド駐車場および11号池田線豊中南出口付近のロイヤルホームセンター豊中駐車場でサービスを展開しています。

尼崎テクノランド駐車場
ロイヤルホームセンター豊中駐車場

料金所スタッフによるお客さま応対の充実

料金所スタッフは、交通状況や沿線情報などについてお問い合わせを受けることも多く、知識と応対のスキルが必要です。こうしたスキルの一層の向上に加え、外国人旅行者の増加を受け、各料金所内に備えている英語版のご利用案内リーフレットや3カ国語(英語・中国語・韓国語)で表示した料金案内ボードを活用し、お客さまへの対応の充実を図ります。

VOICE パーキングエリアコンシェルジュの声

京橋パーキングエリア
コンシェルジュ
吉田 学

お客さまをお迎えするおもてなしの心

CS研修を積み重ねたことで、お客さまと触れ合う回数が増えました。自信と共に技術も身につけることができたと感じています。これからもお客さまに「ほっ」としていただけるように、おもてなしの心でお迎えいたします。