阪神高速の取り組み大和川線 できたらどうなる?

拠点間のアクセス向上

  • 奈良県内からの交通が集中する西名阪沿線地域と大阪・神戸の湾岸地域へのアクセスが向上します。
  • 大規模地震発生など、災害応急活動の中心となる「堺泉北港堺2区基幹広域防災拠点」から内陸部へのルートができます。
大和川線の整備効果

渋滞緩和・環境改善

  • 環状線や大阪港線などの都心部の渋滞区間を避けたルート選択が可能となります。
迂回ルートの形成
  • 大和川線を並行する一般道路の交通が大和川線に流れることで渋滞緩和が期待できます。
  • 渋滞緩和により一般道の走行速度が上がり、大阪府内での大気汚染物質や二酸化炭素の排出量が削減されます。(Co2排出量:6.8万トン/年削減)
大和川線の整備による渋滞解消