トップページ > 技術・工法ライブラリー > 維持管理 > 床版取替の急速化・高耐久化を実現する「HSプレストレスジョイント工法」
維持管理
橋梁|鋼橋

床版取替の急速化・高耐久化を実現する
「HSプレストレスジョイント工法」

キーワード
RC床版、プレキャスト、床版取替

床版取替の急速化・高耐久化を可能とするプレキャストPC床版継手構造として、阪神高速道路(株)は、清水建設(株)・ユニタイト(株)・住友電工スチールワイヤー(株)・昭和コンクリート工業(株)と共同で、ハイ・スマート・プレストレス・ジョイント (HSPJ) を開発しました。

「HSプレストレスジョイント」で商標登録済(登録番号:6053570号)

HSプレストレスジョイント(HSPJ)
技術開発の背景

従来技術

PCa床版の橋軸方向の接合構造は「ループ継手」が一般的。

課題

  1. ループ継手の形状(最小曲げ半径)により床版厚が決定。
    床版厚は、大規模修繕事業の取替対象の床版より大きい
  2. ループ継手内への鉄筋組立、間詰めコンクリートの打込み・ 養生の現場作業が残り、施工性の改善が必要。
    床版取替時に必要となる通行止め期間の長期化
  3. 場所打ちRC構造部における長期的な耐久性が懸念。

従来の橋軸方向の接合構造(ループ継手)

HSPJ の特徴

  1. PCa 床版をオスボルトと楔形式のメスボルトでワンタッチ接合し、急速施工が可能
  2. オスボルト(F10T)を緊張し、接合部にプレストレスを導入 することにより止水性を確保及び疲労耐久性が向上
  3. オスボルトをプレグラウト樹脂で被覆し施工誤差を吸収 及びグラウト作業が不要
  4. PCa床版を高強度(70N/mm2 )薄肉構造(t=180mm) とし、軽量化を実現

HSPJの構造概要図

HSPJ 床版の概要

HSPJの対象接合部

HSPJは橋軸方向の接合に使用

HSPJを用いたPCa床版概要図

実験結果

静的曲げ試験

試験状況

荷重-変位関係

HSPJ床版の接合部は、

  1. 設計荷重時における変位は小さく、ひび割れは発生しない。
  2. 終局荷重は設計荷重の4倍以上であり、接合部を有しない一般的なPC床版と同等以上の安全性を確認。

繰返し動輪荷重試験

動輪荷重による繰返し疲労試験

動輪荷重走行試験結果

下面ひび割れ状況(PC床版)

下面ひび割れ状況(HSPJ床版)

HSPJ床版の接合部は、

  1. 接合部周辺のひび割れ発生は少ない。
  2. 接合部を有しない一般的なPC床版と同等の疲労耐久性を確認。