維持管理

イメージ 保全情報管理システム

一般

保全情報管理システム

高速道路の供用延長および供用年数の伸びに従い、維持管理に必要な情報が増加するなかで、効率的な維持管理を行うためには、膨大な情報を効率よく正確に把握することが必要です。
必要な情報は、(1)膨大な量の設備情報(2)日々発生する点検結果情報(3)年々増えていく補修工事の履歴情報などですが、増え続ける情報・データの管理が煩雑になる傾向にあります。

この課題を解決するため、(1)構造物資産等の維持管理情報の一元管理が可能で、(2)必要な情報のタイムリーな提供と利用が可能なシステムとして、保全情報管理システム(Maintenance Information Management System)を構築しました。
保全情報管理システムに蓄積された過去の膨大なデータは、各機能を用いて、目的に応じた出力が可能となります。このシステムがもつ機能は、以下のとおりです。

 

保全情報管理システム
  • 「汎用検索システム」:
    資産・補修・点検毎に路線等による検索、結果の出力
     
  • 「竣工図書検索システム」:
    工種や路線等により登録工事を抽出し、図面目録や竣工図面の参照・出力
     
  • 「定期点検・保守管理システム」および「日常点検・保守管理システム」:
    点検結果の入力、および条件に応じた検索、補修結果の消し込み
     
  • 「定期点検損傷写真帳出力システム」:
    登録した点検データによる写真付一覧表の出力(構造物補修設計等に利用)
     
  • 「定期点検補修率管理表出力システム」:
    路線・点検年度等ごとに対策区分別補修対策率を一覧にて参照
     
  • 橋梁管理システム(H-BMS_GIS):
    構造物劣化予測と劣化予測等のマップ表示

関連リンク