技術のチカラ

VR360°バーチャル現場見学会 阪神高速1号環状線リニューアル工事2020北行

大型標識設置工事

1号環状線では複雑な分岐が多い為、接触事故や誤って出口を退出する事例が数多く発生しており、その対策の一端として大型標識の設置を行いました。標識板の視認性向上のため明るく見やすい素材を使用、方面案内のわかりやすさを重視したデザインへの変更を実施し、走行時の安全性やわかりやすさが大きく向上しました。

床版連結

近年阪神高速では一定の条件を満たす箇所について伸縮継手(ジョイント)の撤去を進めています。
伸縮継手(ジョイント)を無くすことにより、路面走行性や安全性が向上し、さらに車両走行時の騒音、振動についても大幅な低減が期待できます。
ノージョイント工法の1つである「床版連結」は、伸縮継手(ジョイント)を撤去し、床版と床版を繋ぎ合わせる工事です。

バックナンバー

VR360°現場見学ツアー楽しみ方

「VR360°バーチャル現場見学会」の視聴にはYouTubeアプリ(無料)が必要です。
YouTubeアプリで動画を再生し、スマートフォン・タブレットを傾けたり画面をスワイプすると工事現場の360度全方位を見ることができます。

免責事項
  • 阪神高速道路株式会社は当サイトの利用によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • 当サイトは予告なしにコンテンツの変更・削除を行うことがあります。あらかじめご了承ください。
  • 「VR360°バーチャル現場見学会」の視聴は無料ですが、視聴時にかかる接続料やパケット通信料はお客様のご負担となります。