阪神高速FAQ障がい者割引

  • 障がい者割引とはどのような割引ですか?

    障がい者割引は、障がい者の方の自立と社会活動への参加を支援するため、通行料金の50%を割り引くものです。ただし、割引後の料金の額に10円未満の端数が生じる場合は、お支払額を10円単位で切り上げさせていただきます。

    • 障がい者割引と重複して適用される割引は、大阪都心流入割引及び神戸都心流入割引のみです。大阪都心流入割引又は神戸都心流入割引を適用した後の金額に対して障害者割引を適用します。
    • 障がい者割引は、他の割引と比較して割引額の大きい方を適用いたします。

    次の場合に適用されます(営業を目的とする場合を除く)。

    1. 身体障害者手帳の交付を受けている全ての身体障がい者の方が、自ら自動車を運転する場合。
    2. 重度の障がい又は重度の知的障がいをお持ちの方が乗車し、その移動のために障がい者ご本人以外の方が自動車を運転する場合(※重度の障がいの範囲は、手帳に記載されている「旅客鉄道株式会社旅客運賃減額」の第1種と同じ範囲となっております。)

    詳細についてはこちらをご覧ください。

    更新日:2017/6/3

  • 障がい者割引を受けようとする場合の手続・通行方法はどうすればよいのですか?

    市区町村の福祉担当窓口において、事前に登録手続(手帳へ自動車のナンバー・割引有効期限等の記載を受ける)を行っていただき、現金でのご通行時には料金所スタッフに手帳をご提示ください。自動収受機を設置している料金所では、通行料金をお支払いいただく前に、障がい者用呼出レバー押し下げてください。遠隔応対スタッフが音声と画面表示により応対いたします。(8号京都線は音声のみで応対いたします)ので、障がい者割引をご利用になる旨お申し付けください。確認用カメラで身体障害者手帳または療育手帳を確認させていただきます。
    また、ETCをご利用の場合は、市区町村の福祉担当窓口での登録手続に加えて、有料道路事業者あてETC利用登録が必要となります。ETCでの通行時には料金所で停止する必要はありません。なお、事前に登録いただいたETCカード並びに自動車でのご利用に限り割引を適用します。

    • 障がい者割引と重複して適用される割引は、大阪都心流入割引及び神戸都心流入割引のみです。大阪都心流入割引又は神戸都心流入割引を適用した後の金額に対して障害者割引を適用します。
    • 障がい者割引は、他の割引と比較して割引額の大きい方を適用いたします。

    詳細についてはこちらをご覧ください。

    更新日:2017/6/3

  • ETCを利用して障がい者割引を受けるためにはどうすればよいのですか?

    市区町村の福祉担当窓口において、事前に登録手続(手帳へ自動車のナンバー・割引有効期限等の記載を受ける)を行っていただき、現金でのご通行時には料金所スタッフに手帳をご提示ください。
    また、ETCをご利用の場合は、市区町村の福祉担当窓口での登録手続に加えて、有料道路事業者あてETC利用登録が必要となります。ETCでの通行時には料金所で停止する必要はありません。なお、ご登録されていない車載器またはETCカードを利用してETC無線通行された場合は、割引が適用されず、通常料金をいただくこととなりますのでご注意ください。

    詳細についてはこちらをご覧ください。

    更新日:2017/6/3

  • 障がい者割引は手帳にナンバーが記載された自動車以外では受けられないのですか? レンタカーや代車では割引を受けられないのですか?

    障がい者割引は手帳に記載されたナンバーの自動車でのご利用時のみ適用されますので、レンタカーやタクシー、借用自動車、車検・修理時の代車等では割引が適用されません。

    更新日:2012/4/27

  • 障がい者本人が申請に行けない場合は、どうしたらよいのですか?

    代理人による申請が可能です。手帳及び障がい者の方ご本人の委任状等、代理者であることが確認できる書類をお持ちのうえ、市区町村の福祉担当窓口にお越しください。

    更新日:2012/4/27

  • 登録している自動車やETCカード等登録事項が変更となった場合、何か手続きをする必要があるのですか?

    登録自動車やETCカード等登録事項が変更となる場合は、市区町村の福祉担当窓口において変更申請の手続をしていただく必要があります。

    詳細についてはこちらをご覧ください。

    更新日:2017/6/3

  • 不正があった場合はどうなるのですか?

    次の不正があった場合は、2年間割引措置を停止させていただきます。

    1. 障がい者割引対象者の方が「手帳」や登録した「ETCカード」及び「車載器」を他人に使用させ、不正に障がい者割引を受けさせた場合
    2. 障がい者割引対象者の方が虚偽の申請を行った場合

    また、障がい者割引の対象とならない方が不正に障がい者割引を受けた場合は、道路整備特別措置法の規定により、通常料金のほか、不正に免れた料金の2倍の額を割増金として徴収します。

    更新日:2012/4/27

  • 「原則本人名義」のETCカードとは?

    ETCのご利用時には、現金でのお支払によるご通行時のように、料金所スタッフが障がい者ご本人の乗車を確認することが困難であるため、本人名義のETCカードをご使用いただくことでご本人乗車の確認に代えることとしております。このため、ETC障がい者割引の適用のために事前に登録していただくETCカードは障がい者ご本人名義のものに限定しております。
    ただし、未成年(20歳未満)で本人以外の運転が認められている場合に限り、親権者又は後見人のETCカードをご登録できます。(ご本人との関係が証明できる書類が必要になります。)この場合、成人後に引き続きETCでの割引を受けるためには、ご本人名義のETCカードを取得していただき、変更申請を行っていただく必要がありますのでご注意ください。
    なお、本人名義のETCカードとは、カード上に本人の名義が記載されたカードですので、ETC家族カードや有料道路事業者が発行するETCパーソナルカードでも本人名義であれば対象になります。

    • 一部のクレジットカード会社において、ETC家族カードの発行を行っていない会社がありますのでご注意ください。
    • 各クレジットカード会社にそれぞれ審査基準等があることから、必ず発行されるものではありません。

    ETCパーソナルカードについてはこちらをご覧ください。

    更新日:2012/4/27

  • ETC車載器セットアップ申込書・証明書をなくしてしまい、車載器管理番号が分かりません。どうしたらよいでしょうか?

    ETC利用申請時には、車載器管理番号の記載が必要となります。その際には、セットアップ店から発行された「ETC車載器セットアップ申込書・証明書」で確認させていただくこととしておりますが、もし紛失等で、お手元にない場合は、以下の方法により、車載器管理番号を確認して下さい。

    1. 車載器の機種によっては、液晶画面への表示や音声案内により車載器管理番号を確認できるものもあります。
    2. 車載器のセットアップを行った販売店等にご確認下さい。

    ETC利用申請時に、車載器管理番号の記入ミス等がありますと、ETC利用登録できませんのでご注意ください。

    更新日:2012/4/27

  • 登録済結果通知はETC利用対象者証明書を送付してからどれくらいで郵送されるのですか?

    「ETC利用対象者証明書」が有料道路事業者の設置した窓口に到着してから、約2週間程度で送付しております。
    登録済結果通知記載の「ETC割引開始日」までは、ETC無線通行での割引がご利用できませんので、手帳の提示によりご通行していただきますようお願いいたします。
    なお、お客さまから郵送された「ETC利用対象者証明書」を有料道路事業者が設置した窓口にて再度割引条件等を審査・確認させていただいておりますので、万が一、書類に不備等があった場合は、割引登録ができないことから、お客さまへ確認させていただいたり、再申請をお願いしたりする場合がございます。また、審査の結果、割引条件に適さない場合は、割引登録ができないこととなります。予めご了承下さい。

    更新日:2012/4/27

  • 有効期間(年間)が切れると通知があるのですか?

    ETCの利用登録をされたお客さまには、有効期間満了日の概ね2ヶ月前に更新のお知らせを送付しております。ETC利用登録をされていないお客さまには、特に通知がございませんのでご注意ください。
    なお、更新の手続きは有効期間満了の2ヶ月前から行うことができますので、お早めにお手続きをお願いします。
    ETCをご利用のお客さまは、再登録に2週間程度お時間をいただくこととなりますので、余裕をもって更新のお手続きをお願いします。

    更新日:2012/4/27

  • 通行料金の50%割引は対距離料金からの割引となるのですか?

    ETC無線通行の場合は、ご利用距離に応じた通行料金から50%を割り引いた額です。
    現金でお支払の場合は、料金所でお支払いになられる通行料金から50%を割り引いた額となります。
    ただし、割引後の料金の額に10円未満の端数が生じる場合は、お支払額を10円単位で切り上げさせていただきます。

    • 障がい者割引と重複して適用される割引は、大阪都心流入割引及び神戸都心流入割引のみです。大阪都心流入割引又は神戸都心流入割引を適用した後の金額に対して障害者割引を適用します。
    • 障がい者割引は、他の割引と比較して割引額の大きい方を適用いたします。

    更新日:2017/6/3

  • ETC無線通行時に障がい者割引後の料金額が車載器に表示・音声案内されるのですか?

    ETC無線通行時は障がい者割引適用前の料金が車載器に表示・音声案内されますが、ご請求時には障がい者割引適用後の料金にてご請求させていただきます。

    更新日:2012/4/27

  • 割引登録を行ったETCカードであれば、どの車のETC車載器を使っても割引されるのですか。

    ご登録いただいた自動車に搭載された車載器に、ご登録されたETCカードを挿入して通行された場合のみ割引適用となります。ご登録されていない車載器またはETCカードを利用してETC無線通行された場合は、割引が適用されず、通常料金をいただくこととなりますのでご注意ください。

    更新日:2012/4/27

  • 登録したETCカードであれば、料金所スタッフにETCカードを手渡して料金を支払う場合でも、手帳の提示をしないで割引になるのですか?

    ETC無線通行を行わず、料金所スタッフにETCカードを手渡してご通行される場合は、ご登録いただいた自動車で手帳をご提示していただくことにより割引が適用されます(手帳のご提示がない場合は割引が適用されません)。
    このため、高速道路等をご利用される際は、常に手帳の携行をお願いいたします。

    更新日:2017/6/3

  • ETC無線通行すれば、身体障害者手帳または療育手帳を携行する必要はないのですか?

    点検等によりETCレーンを利用できない場合には、料金所スタッフのいるレーンで手帳をご提示いただくことにより障がい者割引が適用されます。
    このため、有料道路をご利用される際には、ETC無線通行でご利用される場合でも、必ず手帳を携行するようにしてください。

    更新日:2012/4/27

  • 池田線・西大阪線の端末区間での障がい者割引はどうなるのですか?

    障がい者割引は、障がい者の方の自立と社会活動への参加を支援するため、通行料金を50%割引くものです。ただし、割引後の料金の額に10円未満の端数が生じる場合は、お支払額を10円単位で切り上げさせていただきます。
    池田線の端末区間においては、池田線時間帯割引又は短距離区間利用割引後料金(両割引ともETC限定)と、西大阪線の端末区間においては、西大阪線端末区間割引と、それぞれ障がい者割引後料金を比較し、その低廉な方の金額を適用します。

    【池田線】
    〔ETC車・平日6~9時/17~20時〕軽・二輪及び普通車:150円
    〔ETC車・平日9~17時/20~6時及び土曜・休日〕
    《神田 ⇔ 川西小花》軽・二輪:150円  普通車:160円
    《神田 ⇔ 池田木部》軽・二輪:180円  普通車:190円
    〔現金車・全日〕軽・二輪:180円  普通車:190円

    【西大阪線】
    〔ETC車・6~22時〕
    《北津守 ⇔ 大正東又は大正西 ⇔ 弁天町》軽・二輪:140円  普通車:150円
    《大正西 ⇔ 安治川》軽・二輪及び普通車:160円
    《北津守 ⇔ 弁天町》軽・二輪:160円  普通車:170円
    《北津守 ⇔ 安治川》軽・二輪:180円  普通車:190円
    〔ETC車・22~6時〕軽・二輪及び普通車:100円
    〔現金車・全日〕
    《大正西料金所をご利用の場合》軽・二輪及び普通車:160円
    《北津守料金所をご利用の場合》軽・二輪:180円  普通車:190円

    更新日:2017/6/3