阪神高速の取り組み大和川線 イベント情報 水辺の楽校まつり

水辺の楽校が開校されました!

水辺の楽校 ポスター

 平成21年8月1日(土)の午後、大和川の浅香山浄水場下流において、大和川"花の路・水の道"協議会※が主催する水辺の楽校が開校されました。

 水辺の楽校とは、大和川沿川で進められている阪神高速道路大和川線と大和川スーパー堤防整備を契機としたまちづくりの一環として、国土交通省が進める「水辺の楽校プロジェクト」に登録し、住民と行政が協働し準備を進めてきたものです。

大和川線沿線連絡協議会:三宝、錦西、錦綾、浅香山、東浅香山、新浅香山、五箇荘東の7つの校区自治連合会からなる組織、堺市、堺市教育委員会、国土交通省近畿地方整備局大和川河川事務所、大阪府、阪神高速道路株式会社で構成

 当日は、開校式典とせせらぎ遊び、水生生物観察、宝物探し、砂遊び、石ころアート、音楽発表会などのさまざまなプログラムが行われました。

水辺の楽校 式典
水辺の楽校 川辺全景

 当社は「レンガ橋づくり」、「パネル展示」、「大和川線アンケート」を実施し、多くの方へ大和川線事業に対する理解を深めて頂きました。

水辺の楽校 レンガ橋づくり
水辺の楽校 展示
水辺の楽校 アンケート