阪神高速の取り組み大和川線を学ぼう!

シールド工法ってなあに?

機械を使って掘り進んでいく工法だよ!

シールド工法とは、「シールドマシン」を使ってトンネルをつくる工法です。大和川線のトンネルの半分以上が、シールドマシンによってつくります。

大和川線は、約4kmもの距離をシールドマシンで掘っていきます。

シールドトンネル部

シールドマシンはとっても大きい!

とても大きなシールドマシン

シールドマシンは、地中の土の重さに耐えて、崩れてこないように内側から支えながら掘り進めることができる機械です。

大和川線は、直径が12.47mもあるとても大きなシールドマシンを使います。これは4階建てのビルほどの高さがあります。