料金・ETC新料金(平成29年6月3日)について

お知らせ

2018.3.30
【お知らせ】【追加】大阪都心流入割引対象の一部ルートにおいて当該割引を反映した料金をご案内します。(PDF:96KB)
2017.10.1
【お知らせ】 「対距離料金特設ダイヤル(0120-63-1484)」については、9月30日をもって終了いたしました。新料金にかかるお問い合わせは、「阪神高速お客さまセンター(06-6576-1484)」にて引き続き承ります。
※お客さまセンター営業時間  平日 8:30~19:00、土日祝及び年末年始 9:00~18:00
2017.6.28
【お知らせ】 大阪都心流入割引対象の一部ルートにおいて当該割引を反映した料金をご案内します。(PDF:6KB)
2017.5.25
【お詫び】 「阪神高速料金ガイド(2017.04版)」の訂正について(PDF:96.7KB)

 

近畿圏(阪神高速)の新たな高速道路料金

新料金に変わる道路

阪神高速(阪神圏)・近畿道・阪和道(長原IC~岸和田和泉IC)・西名阪道・第二京阪道路・京滋バイパス

1.対距離制を基本とした料金体系へ整理・統一されます。

料金水準の統一

近畿圏の高速道路の料金水準が、現行の「高速自動車国道の大都市近郊区間」の水準に統一されます。

車種区分の統一

近畿圏の高速道路の車種区分が5車種区分に統一されます。今回、変更になる路線は次の通りです。

対距離料金への移行

現行、均一料金となっている近畿道、阪和道、西名阪道、第二京阪道路について、ETC車は利用距離に応じた料金へ移行します。

なお、上記の料金体系の整理・統一に当たっては、当面、次のような料金設定とします。
•阪神高速や現在均一料金となっている近畿道、阪和道、西名阪道、第二京阪道路については、物流への影響や非ETC車の負担増などを考慮して、当面、上限料金などを設定します。

2.起終点を基本とした継ぎ目のない料金の実現へ

大阪都心部発着の場合、放射高速道路(第二京阪道路、第二阪奈有料道路、西名阪道、南阪奈有料道路等)との間で、阪神高速の守口線、東大阪線、松原線のうちどのルートを選んでも、起点・終点間の最安料金と同一になります。

明石方面と神戸都心部間の通行に、北神戸線や神戸山手線、新神戸トンネルを利用しても、第二神明道路と阪神高速 神戸線を利用した場合と同じ料金でご通行いただけます。

割引を実施する期間:平成29年(2017年)6月3日~平成44年(2032年)3月31日まで

大阪都心部への流入分散

経路別料金の例 ETC車(普通車)

第二京阪道路(枚方学研IC)⇒ 阪神高速 大阪都心部
経路(阪神高速) 新料金 割引後料金(割引額)
守口線(31.3km) 1,690円 1,610円(-80円)
東大阪線(28.5km) 1,610円
松原線(42.8km) 2,060円 1,610円(-450円)

経路に関係なく 1,610円※

※料金額は阪神高速とNEXCO西日本との合計額です。

 

南阪奈道路(太子IC)⇒ 阪神高速 大阪都心部
経路(阪神高速) 新料金 割引後料金(割引額)
守口線(44.9km) 1,980円 1,320円(-660円)
東大阪線(33.7km) 1,700円 1,320円(-380円)
松原線(26.8km) 1,320円

経路に関係なく 1,320円※

※料金額は阪神高速とNEXCO西日本との合計額です。

※平成30年4月1日からの料金です。

 

神戸都心部への流入分散

経路別料金の例 ETC車(普通車)

第二神明道路(伊川谷JCT)⇒ 阪神高速 生田川・国道2号
経路(阪神高速) 新料金 割引後料金(割引額)
北神戸線・新神戸トンネル(26.7km) 1,120円 800円(-320円)
北神戸線・神戸山手線(25.3km) 1,080円 800円(-280円)
第二神明道路・神戸線(22.5km) 800円※

経路に関係なく 800円

※第二神明道路・神戸線の料金は阪神高速とNEXCO西日本の料金の合計額です。

※北神戸線の伊川谷JCT~白川JCT間の出入口と神戸山手線もしくは新神戸トンネルを経由して神戸都心部(新神戸トンネルの新神戸駅出口~国道2号出入口間・神戸山手線神戸長田出口〜神戸線 生田川出入口間)間を通行する場合、 伊川谷JCT~神戸都心部間の最安料金を上限料金とします。

Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。