阪神高速の取り組み西船場JCT:どこまで進んだ?(平成30年10月~12月)

工事箇所

建設状況の写真

平成30年11月11日~平成30年12月10日 《環状線》

【6ブロック】

渡り線部の桁の架設を進めています。大阪港線と環状線拡幅部がつながりました。

【6ブロック】

地盤改良を行った箇所にL型擁壁を施工しています。

【6ブロック】

橋脚の設置を進めています。

【7ブロック】

橋脚拡幅箇所の柱・梁部の拡張工事を進めています。
橋脚・梁の拡幅箇所のコンクリートを打設しました。

【9ブロック】

桁架設に先立ち、支承の据え付けを行っています。

【9ブロック】

環状線側の桁を、縦送り工法(台車の上で桁を組み立て、隣の橋脚へ送り出す工法)にて架設を行いました。

【7ブロック】

工事現場をイルミネーションで飾り付けました。

平成30年10月11日~平成30年11月10日 《環状線》

【6ブロック】

渡り線部の桁の架設を進めています。

【6ブロック】

構造物を支える地盤をより強くするために、地盤改良を進めています。

【7ブロック】

既設橋脚拡幅箇所の柱・梁部の拡幅工事を進めています。
拡幅する橋脚にコンクリートを打設しました。

【9ブロック】

既設橋脚梁部の拡幅工事を進めています。
もともとの梁の周りに鉄筋を配置し、追加のコンクリートを打設しました。

平成30年9月11日~平成30年10月10日 《環状線》

【6ブロック】

渡り線部の桁の架設を進めています。

【6ブロック】

場所打ち杭の施工を進めています。

【7ブロック】

環状線側の桁の架設を進めています。

【9ブロック】

環状線側の桁を縦送り工法(台車の上で桁を組み立て、隣の橋脚へ送り出す工法)にて架設を進めています。

【5ブロック】

大阪港線拡幅部の工事記録のパネルを掲示しました。