阪神高速の事業とネットワーク阪神高速道路ネットワーク

総延長250.4km、1日平均72万台が利用する関西の大動脈

阪神高速道路は、阪神都市圏全体の交通量の15.3%を占めています。「時間の節約」、「安全で快適な走行」、「一般道路の渋滞緩和」など、さまざまなメリットをご提供することで、関西の経済活動や皆さまのくらしをサポートしています。

(注)阪神都市圏とは、大阪府・神戸市の全域と阪神間を合わせた地域をいう。道路とは、国道・府道・県道・指定市の主要道路をいう。走行台キロとは、1台の車が1kmを走行する単位をいう。