阪神高速新料金制度

MENU

都心流入割引ETC車対象

大阪都心流入割引

大阪都心部発着の場合、放射高速道路(第二京阪道路、第二阪奈有料道路、西名阪道、南阪奈有料道路等)との間で、阪神高速の守口線、東大阪線、松原線のうちどのルートを選んでも、起点・終点間の最安料金と同一になります。※1
割引を実施する期間:平成29年(2017年)6月3日~平成44年(2032年)3月31日まで

放射高速道路の対象の発着出入口

第二京阪道路※2

寝屋川南、交野南、枚方学研、京田辺松井、八幡京田辺JCT、久御山南、久御山JCT、巨椋池

具体例 : 第二京阪道路(枚方学研IC) ↔ 阪神高速 大阪都心部 第二京阪道路の各対象出入口 ↔ 阪神高速 大阪都心部の各対象出入口の割引後の額
第二阪奈有料道路

壱分、中町、宝来

阪神高速 東大阪線

中野、水走

具体例 : 第二阪奈有料道路(壱分IC) ↔ 阪神高速 大阪都心部 第二阪奈有料道路の各対象出入口 ↔ 阪神高速 大阪都心部の各対象出入口の割引後の額
西名阪道

藤井寺、柏原、香芝、法隆寺、大和まほろばスマート、郡山下ツ道JCT、郡山、天理

具体例 : 西名阪道(柏原IC) ↔ 阪神高速 大阪都心部 西名阪道の各対象出入口 ↔ 阪神高速 大阪都心部の各対象出入口の割引後の額
南阪奈有料道路・南阪奈道路

美原東、羽曳野、羽曳野東、太子、葛城

具体例 : 南阪奈道路(太子IC) ↔ 阪神高速 大阪都心部 南阪奈道路の各対象出入口 ↔ 阪神高速 大阪都心部の各対象出入口の割引後の額

大阪都心部の対象の発着出入口

出口

北浜、本町、道頓堀、夕陽丘、なんば、信濃橋、土佐堀、湊町

入口

堂島、高麗橋、長堀、高津、夕陽丘、えびす町、四ツ橋、信濃橋※3、湊町

※1 大阪都心部への流入・流出ではそれぞれ料金が異なります。

◇ ETC車載器等からは、割引前の料金が通知され、後日、カード会社等から請求させていただく際に、割引後の料金となります。また、カード会社等からの請求のタイミングによっては、一旦、割引前の料金で請求させていただき、次回の請求時に調整後料金との差額を精算させていただく場合もあります。

◇ 請求金額につきましては、ETC利用照会サービスでご確認いただけますが、調整後料金が反映されるまでお時間がかかる場合がございます。

◇ ETC車載器等の案内(印字)料金につきましては、以下のご説明をご覧ください。
ETCクレジットカード、パーソナルカードをご利用の方はこちら(PDF:798KB)
ETCコーポレートカードをご利用の方はこちら(PDF:805KB)

※2 第二京阪道路については、次のとおりになります。

(1) 通常のETC車・・・第二京阪道路発着のみ対象とします(巨椋池本線料金所からの流入・流出は対象外です) 。

(2) 車・・・(1)の対象出入口に加えて、第二京阪道路を通過する交通を対象とします。その際の料金は、ご利用の出入口により異なります。(巨椋池本線料金所・阪神高速京都線からの流入・流出は対象外です)。新名神高速道路と第二京阪道路の接続後は、新名神高速道路からの流入・流出も対象とします。

※3 信濃橋入口通行止:平成29年(2017年)2月1日~平成31年(2019年)11月末(予定)

とは

いままでのETCの高速道路利用料金収受だけではなく、渋滞回避や安全運転支援、さらには災害時支援といった、ドライバーに有益な情報を提供するサービスです。
交通が特定の時間や場所に集中するのを減らしたり、事故を未然に防いだり、道路の劣化を緩和することが可能となります。
さらに今後、道路交通情報や走行履歴・経路情報などのビッグデータを活用して、さまざまな新しいサービスが導入される予定です。

神戸都心流入割引

明石方面 ↔ 神戸都心部

明石方面と神戸都心部間の通行に、北神戸線や神戸山手線、新神戸トンネルを利用しても、第二神明道路と阪神高速 神戸線を利用した場合と同じ料金でご通行いただけます。
割引を実施する期間:
平成29年(2017年)6月3日~平成44年(2032年)3月31日まで

具体例 : 第二神明(伊川谷JCT) ↔ 阪神高速 生田川・国道2号 第二神明の各対象出入口 ↔ 阪神高速 神戸都心部の各対象出入口の割引後の額

対象出入口

<北神戸線>

伊川谷JCT、永井谷、前開、布施畑JCT、布施畑東

<神戸山手線、神戸線、新神戸トンネル>

生田川、京橋、柳原、神戸長田、国道2号、二宮・神若、新神戸駅

戻る