ETCのご利用方法

ETCカードの有効期限をご確認ください

●有効期限切れのETCカードでは
  バーは開きません。
●月末、月初にはETCカードの有効
  期限をご確認ください。

イメージ1

※表示方法はクレジットカード会社によって異なります。

ETCカードを車載器に確実に挿入してください

●車載器へのETCカードの挿し忘れ、挿し込み不良、挿し込み方向(前後・表裏)にご注意ください。
●高速道路の入口から出口までETCカードは車載器から抜かないでください。

イメージ2

ETC表示のある料金所レーンへ

ETC専用】または【ETC一般
レーンでETC無線通行が可能です。

イメージ3

一般】レーンしかない場合は、料金所で一旦停止し、料金所スタッフに車載器搭載の旨を伝えていただいた上で、ETCカードを手渡しして料金をお支払いください。料金所スタッフがETC無線通行の処理を行い、利用証明書を添えてETCカードを返却いたします。
なお、料金所スタッフからETCカードを受け取られたら、必ずETCカードを車載器に挿入し、最終出口まで通行してください。

ETCレーンは時速20km以下で!

十分に車間距離をとり、時速20km以下に減速してレーンに進入し、路側表示器の「↑通過」の表示と開閉バーが開いたことを確認して通過してください。

ETCレーンでの併走、追い抜きは通信エラーの原因になり、重大事故に繋がる恐れもありますのでおやめください。

イメージ5

バーが開かず停車した場合、バックはしないでください二輪車はバーを避けて通過してください

後続車に追突される危険がありますので絶対にバックせず、呼び出しボタンで料金所スタッフに連絡し、その指示に従ってください。

二輪車でご利用時にバーが開かなかった場合は、バーを避けてETCレーンから退避し、駐停車が禁止されていない安全な場所から、当社お客さまセンターにご連絡ください。

イメージ6

阪神高速お客さまセンター

06-6576-1484 (平日 8:30~19:00/土・日・祝日、年末年始 9:00~18:00)

ETCご利用の前には ETCシステム利用規程ETCシステム利用規程実施細則を必ずご一読ください。

上記規程等によらないご利用方法により、道路設備に損傷を与えた場合には、復旧に要する費用をご負担いただく場合がありますので、ご注意ください。

阪神高速道路のご利用にあたり、お車にETC車載器が搭載されていない場合、故障している場合もしくは仮ナンバーの場合は、ETC無線通信によりご走行いただけないため、ETC料金の適用はございません。

戻る