料金・ETCニュース・トピックス

障害者割引制度を悪用してETCレーンを繰り返し通行していた者の摘発について

 3月18日、兵庫県警察は、阪神高速道路において、障害者割引制度を悪用して通行していた者1名を、電子計算機使用詐欺の容疑で逮捕したと発表しました。

 本件は、容疑者が障害者手帳を有する親族の名義で情報登録されたETC車載器及びETCカードを用いながら、障がい者本人が運転または同乗のいずれもしていない状態で有料道路を利用することにより、障害者割引を適用させ、本来支払うべき通行料金を不正に免れる行為を日常的に行っていたものであり、弊社が兵庫県警察に被害届を提出しており、逮捕に至ったものです。

 また、本件の容疑者には、不法に免れた通行料金(通常料金の約半額)に加え、割増金(不法に免れた通行料金の2倍)を請求する予定です。

 阪神高速道路は、お客さまの通行料金により運営されております。不正に通行料金を免れていた容疑者が逮捕されたことは、料金負担の公平性の確保と不正通行の抑止につながるものと考えております。

 弊社では、今後も積極的に警察や関係機関と連携し、不正通行者に対しては厳正に対処してまいります。みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

(関連リンク)