料金・ETC距離料金制度の概要

阪神高速は、お客さまにとって、もっと使いやすい道となるために、平成24年1月1日より「距離料金」へ移行いたしました。

ご利用距離に関わらず、料金圏ごとに均一料金を頂いていた「料金圏別均一料金」から、料金圏を廃止した「距離料金」へ。走った分だけお支払いいただく、より公平でわかりやすい料金です。

ETCの普通車でご利用の場合、料金は次のとおりとなります。なお、24kmを超えるご利用は一律930円となります。

距離料金の車載器音声案内・表示例はこちらをご覧ください。
  • 6kmまでのご利用...510円
  • 6km超~12kmまでのご利用...610円
  • 12km超~18kmまでのご利用...720円
  • 18km超~24kmまでのご利用...820円
  • 24kmを超えるご利用...930円
  • 通行料金にはすべて消費税が含まれています。
  • 現金車はご利用の入口から利用可能な最長距離に応じた料金となり、一部端末区間を除き普通車930円、大型車1,850円となります。

料金圏のない、上限普通車930円の「距離料金制」。

阪神圏のすべてのエリアでご利用距離に応じた料金でご通行いただけます。
ご利用が6km以下であれば普通車510円。
24kmを超える場合は、どこまでご利用いただいても930円です。

料金表

  • 通行料金にはすべて消費税が含まれています。
  • 上記はETC普通車料金です。
  • 現金車につきましては、こちらをご覧下さい。

阪神高速では、都市内の大量の交通を能率よく円滑に処理するため、「料金圏別均一料金」を採用してきました。しかしながら、阪神圏におけるネットワークの拡大に伴い、利用距離のバラツキが拡大し、 料金圏内利用と複数料金圏利用で同距離でも通行料金が異なるなど、アンバランスが拡大してきました。

一方、ETCの整備により、出口料金所がなくても利用距離を把握し料金計算が可能になるとともに、多くのお客さまがETCをご利用いただく状況になったことから、平成23年2月16日に国土交通省が発表した 「高速道路の当面の新たな料金割引について」に基づき、料金圏のない「距離料金」へ移行いたしました。また、長距離利用のお客さまのご負担を軽減するため、料金に上限を設けました。

「距離料金」への移行により、よりバランスのとれた利用しやすい料金となるものと考えています。

Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。