安全走行ガイド車両制限令を守りましょう!

道路法及び車両制限令では、道路の構造を保全し、交通の危険を防止するため、道路を通行する車両の大きさや重さの最高限度を下記の通り定めており、この最高限度のことを「一般的制限値」といいます。

一般的制限値(最高限度)

車両の幅 : 2.5m

車両の長さ : 12m

軸 重 : 10t

最小回転半径 : 12m

車両の高さ : 3.8m(高さ指定道路では4.1m)
阪神高速における高さ指定道路についての詳細情報

車両の総重量 : 20t

ただし、バン型・タンク型・幌枠型・コンテナ型・自動車運搬用のセミトレーラー連結車及びフルトレーラー連結車については、長さ12m以下の場合は以下の制限値となります。

  • 最遠軸距が8m以上9m未満の上記車両 : 24トン
  • 最遠軸距が9m以上10m未満の上記車両 : 25.5トン
  • 最遠軸距が10m以上の上記車両 : 27トン

また、重さ指定道路では、総重量の制限値が上記より緩和されています。

車両諸元のいずれかが一般的制限値を超過する車両の通行には、道路管理者の許可(特殊車両の通行許可)が必要です。

一般的制限値を超えた車両が道路管理者の許可なく通行すると、道路法違反となります。このような行為は、道路に大きな損傷を与えるほか、重大な事故を招く危険性がありますので、必ず関係法令を守って通行してください。

Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。