阪神高速

高速道路リニューアルプロジェクト 大規模更新・修繕事業

高速道路リニューアルプロジェクト 大規模更新・修繕事業

阪神高速

阪神高速の現況

全体の半数以上が開通から40年を経過

ネットワークの拡充により広範囲へのアクセスによる利便性の向上を図ることができた反面、営業を開始した1964年(昭和39年)から50年が経過し、2014年(平成26年)4月時点で阪神圏の総延長249kmのうち約3割にあたる83.3kmが開通から40年を超えています。10年後にはそれらが50年を超え、さらに開通から40年を経過する道路は全体の半数を超えます。

路線開通からの経過年数

路線開通からの経過年数の図

路線開通からの経過年数のグラフ

路線開通からの経過年数の図

路線開通からの経過年数のグラフ

過酷な使用状況で進む老朽化・対策急務

また、現在の交通量は1日74万台におよび、大型車は一般道路に比べて約6倍。膨大な交通量を抱え、過酷な使用状況であることは否めず、構造物の老朽化対策は急務であると言えます。

交通量の比較

交通量の比較のグラフ

最悪のケース 床版の陥没など

大規模更新・修繕事業

交通量の比較のグラフ

最悪のケース 床版の陥没など

大規模更新・修繕事業

ページの先頭へ