阪神高速の取り組み淀川左岸線延伸部 できたらどうなる?

都心部の道路交通の円滑化

大阪都市圏の外周をネットワーク化することで都市部に用事のない交通を外周に転換し、交通を円滑にします。

迂回機能の確保

高速道路ネットワークの一部として、関西の観光周遊ルートや災害時の避難・救援活動を支える広域的な輸送ルートとしての機能が期待されます。
また、並行する阪神高速13号東大阪線や16号大阪港線の規制時の迂回路としての機能も期待されます。

臨海部~内陸部の新たな道路ネットワークによる連携の強化

臨海部と内陸部の間の物流ネットワークが新たに整備されることで、速達性が向上し、物流の効率化に寄与します。