阪神高速の取り組み正蓮寺川工区で初の開削トンネル本体工の施工−正蓮寺川東工区で底版コンクリート(920m3)を打設−

 淀川左岸線の正蓮寺川工区は、大阪府、大阪市、阪神高速道路(株)による正蓮寺川総合整備事業の一環として、高速道路整備を行っています。

 高速道路の基盤となる正蓮寺川の陸地化工事は、平成3年に着手し、河川内を鋼管矢板により右岸側と左岸側の区域に分割し、堆積したヘドロは現位置固化工法(右岸側)あるいは浚渫脱水固化工法(左岸側)により処理され、順次、陸地化工事が進められてきました。平成21年1月現在、延長約2.3kmある河川内区間の内、上流側の約1km(国道43号正蓮寺橋までの区間)の陸地化が完了し、下流側の約1.3kmの区間も半分の陸地化が完了しています。

 河川内は、正蓮寺川東・西工区の2工区で施工されますが、先行する正蓮寺東工区では、開削トンネル本体工の施工が進んでいます。1月20日には、正蓮寺川東工区において、初めて、開削トンネル本体工の底版コンクリート(厚さ1.5m、幅37.0m、延長16.0m、920m3)の打設がコンクリートポンプ車3台により行われました。朝8時から準備が開始され、慎重な施工管理の基で夕方の6時に無事打設完了しました。これにより長年の間、河川の陸地化工事が進められてきましたが、やっと河川内の区間に本体工が顔をのぞかせ、関係者の喜びもひとしおのものがありました。
 今後は、残りの区間の陸地化工事とともに本体工の施工を進め、安全・品質・工期に留意して平成24年度末の完成を目標に鋭意努力します。

桟橋上からのポンプ車打設状況
トンネル本体工構築状況
底版コンクリート打設状況