阪神高速の取り組みバックナンバー(平成26年1月~3月) - 淀川左岸線

【バックナンバー】平成26年3月

【北港新橋】
北港新橋では、床版の撤去作業が完了しました。
続いて、橋梁内部のガス管・水道管の撤去及び橋梁本体の撤去を開始します。
【森巣橋】
森巣橋では支障となる鋼材等を撤去し、今月より盛土工に着手予定です。
【正蓮寺川最下流部】
最下流部では、コンクリートボックスの可とう継手を設置しました。
コンクリート構造物に不等沈下・地震などの偏った力がかかると、
構造物の破損が生じますが、一定の間隔で継手を設置することにより、
変位を吸収することができます。

【バックナンバー】平成26年2月

【森巣橋】
森巣橋では、上流側の橋梁撤去が完了しました。
続いて、撤去された箇所から盛土を開始します。
【北港新橋】
北港新橋では、舗装と高欄(橋の左右にある手すり)の撤去が完了しました。
続いて、床版の撤去作業に着手します。
【正蓮寺川最下流部】
最下流部では、所定の深さまで掘削を行った後、
コンクリートボックスの据え付けを行います。(写真上の丸印付近)
下の写真は、コンクリートボックスの部材の一部です。
部材同士を鋼材でつなぎ合わせて、箱型の形に仕上げます。

【バックナンバー】平成26年1月

【北港新橋】
北港新橋は、全面を通行止めして盛土化工事を行います。
写真は、アスファルト舗装を撤去した後の様子です。
これから、床版の撤去作業に入ります。
【森巣橋】
森巣橋は上流側、下流側に分けて順次、盛土化工事を行います。
写真は、上流側の床版を撤去している様子です。
床版の撤去が完了すると、鋼桁の撤去に移ります。
【正蓮寺川最下流部】
水路となるコンクリートボックスを据え付ける場所において、
所定の深さまで掘削を行いました。
写真は、クラムシェルバケットという機械で、掘削した土を搬出する様子です。