阪神高速の取り組み道路トンネルの水噴霧放水点検装置

画像:トンネル内での水噴霧放水試験

トンネル内での水噴霧放水点検を通行止めを行わず、1車線規制のみで実施可能に!

特徴

 長大トンネル内で万が一火災が発生した際、火災の延焼や拡大を抑制し、消火活動を支援するための非常用設備として「水噴霧設備」※1を設置しています。
 そのため、いざというときに確実に水噴霧放水ができるよう定期的に点検が必要となります。点検を行う方法としては、通行止めによる点検もしくは特殊な点検車両を用いた点検が考えられます。
 しかしながら、阪神高速では阪神高速グループ社員らで実験と検討を重ね、自ら開発・製作した「トンネル水噴霧放水点検装置」により、1車線規制内での水噴霧放水点検を実現し、現在はこの方法により阪神高速のAA級トンネルの水噴霧放水点検を実施しています。
 アタッチメント固定部の取り付けができれば、阪神高速以外のトンネルでも水噴霧放水点検の実施が可能です。

1:AA級トンネルのみ(阪神高速では、正蓮寺川・伊丹・神戸長田・新神戸トンネルに設置)

放水試験の概要および装置

事前作業

 放水点検装置を使用する際の事前作業として、放水時の放水圧・放水量を考え、水噴霧ヘッドの放水側の後方にアタッチメント固定部をしっかりと取り付けておきます。(当初1回のみ)

画像:放水試験装置取り付け前
取り付け前
画像:放水試験装置取り付け後
取り付け後

放水点検

 放水点検は50mを1区画として、水噴霧ヘッド毎に流量測定装置をセットし、水噴霧ヘッド毎の放水量を流量計により測定することにより、ヘッドの詰まりなど異常がないか確認します。
 順次全区画を点検します。

流量計
流量計
水噴霧収集部
水噴霧収集部
流量測定装置
流量測定装置
特許番号 特許第5166361号
発明の名称 水噴霧ノズル及びトンネル用水噴霧設備の点検装置
特許権者 阪神高速道路(株)、阪神高速技術(株)、(株)テクノ阪神