阪神高速の取り組みH-MOS(阪神高速メンテナンスオペレーションシステム)

 阪神高速グループ内のCOSMOSとTECMOSの技術を統合したH-MOS(Hanshin Expressway Maintenance and Operations Systems)により損傷等の早期発見を行い、適切に補修を行い、お客さまへの安全・安心・快適な道路サービスを提供していきます。

COSMOS(阪神高速地理空間情報システム)

COSMOS(阪神高速地理空間情報システム)

 COSMOS(New Communication Systems for road Maintenance and Operations)は、GISを活用して阪神高速道路に関連するビッグデータを集約・統合し、災害対応活動の支援、道路構造物の効率的な維持管理、道路交通管理の高度化など、幅広い分野における情報共有と新しい価値の創造を目指しています。

TECMOS(阪神高速損傷早期発見テクノロジー)

TECMOS(阪神高速損傷早期発見テクノロジー)

 TECMOS(New Technology for road Maintenance and Operations)は、PDCAサイクル(維持管理サイクル)を適切かつ効率的に実施するためのサポートツールであり、安全・安心を追求した維持管理の更なる効率化を目指しています。
 一例として、交通規制が不要で路面の損傷を早期に発見する移動式点検車(ドクターパト)や、路面下鋼床版の亀裂などを早期に発見できる亀裂発見機器(みつけるくんK)、トンネルや法面に発生している損傷をレーザーおよび写真で早期に確認する(3次元計測)点検技術を活用していきます。

ドクターパトは、路面性状自動測定装置(距離、ひび割れ、平たん性)について(一財)土木研究センターの性能確認済

Adobeリーダーをダウンロード
PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。