阪神高速のこだわりの技術

トップページ > 阪神高速のこだわりの技術 > 都市部道路トンネルの換気所設計(3/5)

景観に配慮した各換気所の工夫と特徴

努力と工夫の末に厳しい条件をクリアして完成した5つの換気所。
それぞれ外観や周辺のデザインにもこだわりを見せている。
今回は大和川線上に複数の換気所が存在することから、デザインの統一性が必要と考えられた。そこで、大和川線5換気所では、次のような共通テーマが定められた。

1.水の流れ、緑の並木道を意識した水平ラインによるデザイン

将来、誕生する新しい街並みに調和するよう、親しみやすくシンプルで造形的な外観とし、周辺の自然環境と連続するよう計画。また、地域に配慮し、既存の街並みに違和感なく溶け込み、周囲から突出しない清潔感のあるデザインとした。

2.3層分節化によるボリューム低減

建物の分節化によるボリューム低減を図り、周辺環境への圧迫感をなるべく低減した。

換気所全体を低層部・中層部・上層部に分節し、低層部は仕上げ材料により水平方向にさらに細かく分節。
また、低層部と中層部の間に小庇を設けることで分節化をより明確化し、建物のボリューム低減を図った。

3.近隣景観と調和する色調

共通した外壁材を使用し、外部仕上げはタイルを主体とした。上層部に金属などを組み合わせ、時代に即した建物イメージに。色彩計画については、周辺の色環を十分に分析し、それぞれの周辺環境と調和する配色を基本とした。

大和川線5換気所の色調イメージ
換気所名 南島換気所 遠里小野換気所 浅香山換気所 今池換気所 天美換気所
周辺の
建物
将来 高規格堤防内は住居系市街地となる 南側に工場あり 南側に浄水場、北側に公園計画有り 下水処理場敷地内 北側に低層住居系市街地あり
環境
イメージ
工業・住居系 工業系 工業・住居系 工業系 住居系
色調
イメージ
ニュートラル系
モノトーン系
ニュートラル系
モノトーン系
ソフト系

工業系地域はモノトーン系、住居系地域はソフト系、工業系地域と住居系地域の中間的な地域はニュートラル系の色調。
色調は低層部から中層部、中層部から上層部へと建物上部になるにしたがい淡い色調とし、空との調和を図った。

目次
Case.14 地域と調和した建物をたてろ!
都市部道路トンネルの換気所設計
1ページ換気所の必要性
2ページクリアしなければならなかった 厳しい条件
3ページ景観に配慮した各換気所の工夫と特徴
4ページ完成した各換気所の景観デザインとは
5ページ地域への貢献 災害に備えて…