CSR情報CSR基本方針・CSR推進体制

CSR基本方針

当社は、CSR経営の推進に向け、2016年5月に「阪神高速グループCSR基本方針」を策定しました。本方針をグループ会社と共有、共に行動し、地域や社会の持続的発展に広く貢献し、地域や社会とともに成長していくことを目指します。
(注:社会的要請等、今後の状況の変化に応じて見直しを行います。)

阪神高速グループCSR基本方針

阪神高速グループは、すべてのステークホルダーの皆さまとコミュニケーションを図りながら、

① 企業存続の基礎活動(コンプライアンス、リスクマネジメント、情報セキュリティ 等)を徹底しつつ、

② 事業活動の遂行(高速道路事業の深化、関連事業のさらなる展開)を中核とし、

③ さらに、保有する人的・物的資源やノウハウを活かした社会貢献活動を実施します。

これらの活動により、地域や社会の持続的発展に広く貢献し、地域や社会とともに成長していくことを目指します。

阪神高速グループCSR基本方針

CSR推進体制

当社では、阪神高速グループのCSRに係る方針やCSR活動の推進等に関する審議を行う機関として、社長をトップとする「CSR推進委員会」を設置し、CSRの専任部署として本社経営企画部にCSR推進室を設置するなど、グループ一体となってCSRを推進する体制を整えています。